病院の薬剤師のよい求人の探し方

責任が重い病院での薬剤師の仕事

知り合いの医師の紹介で病院の薬剤師へ転職 : 責任が重い病院での薬剤師の仕事 : 薬剤師の転職はまず「話を聞いてみること」が大切

その為、その病院に転職することにしました。
まず驚いたのは、その職場には薬剤師が多く勤務していたことです。
通常はこのような職場は人が少ないと聞いていたのですが、決してそのようなことは無く多くの人が勤務しており、その勤務体系も非常にしっかりと設定されていることに驚きました。
又、看護師同様担当の患者を割り当てられ、複数のスタッフで交代で面倒を見るという体制となっていました。
その為、勤務時間も仲間内で相談してローテーションを作成し、また投薬計画についても相談して決めていくという仕事の仕方に驚きました。
薬局に勤務していた際には投薬に関しては医師の投薬計画が有りますがその計画を薬局では知ることができないので、患者が持参した処方箋だけが頼りで、その薬品の投与について疑問があってもなかなか自分の意見を述べるということは難しい状況でした。
もちろんのみ合わせなど危険な事態が予測されるときは医師に相談し判断を仰ぎますが、大抵の場合にはそのまま投薬するというのが一般的です。
しかし病院では薬剤師が投薬計画を決め、医師に相談するという形になっていることが多く、その責任が重い代わりに医師とのコミュニケーションが十分に可能であるという点が大きな違いです。
そのため薬剤師も単に薬剤の知識だけではなく、目の前の患者の病気に対して効果のある投薬方法を探し出す為に日々の学習が非常に重要であり、また医師との情報交換も頻繁になっていきました。