病院の薬剤師のよい求人の探し方

知り合いの医師の紹介で病院の薬剤師へ転職

薬剤師としてこれまでは薬局に勤務していましたが、単調な作業に疲れたことと、患者が持参する処方箋に疑問があっても医師の指示に基本的に従うという方針が嫌になり、他の職場に転職を考えていました。
当初はドラッグストアや薬品メーカーへの転職も考えましたが、知り合いの医師から病院求人を紹介してもらい、とにかく一度話を聞いてみることにしました。
病院の薬剤師は薬局やドラッグストアなどと異なり、実際に患者に接し治療を行うメンバーの一員として活動するというイメージが有ったため、非常に仕事が忙しく休みも思うようにとれないということから今までは敬遠していました。
知り合いの医師や看護師も休みの日に良く急患で呼び出されているのを見ているので、これは自分にはつとまらないなと考え、今までは敬遠していた職場でもありました。
しかし、実際に話を聞いてみたところ薬剤の管理や医師の指示に従い投薬を行うだけではなく、臨床研究の手伝いや意見交換なども頻繁に行われ、自分自身の薬剤に関する知識の向上も図れるということが分かりました。
しかし、私にとって非常に気になっていたのが、勤務時間の問題でした。
今までは薬局に勤務していたので決まった時間に出勤し定時に退社するということに慣れていたため、急患の対応や宿直、夜勤等が大変だと考えていたからです。
しかし、これはあくまで病院個々の考え方で、最近では夜勤専門のスタッフや体制も存在し、基本的に夜勤や宿直を強要されることはないとのことでした。

知り合いの医師の紹介で病院の薬剤師へ転職 : 責任が重い病院での薬剤師の仕事 : 薬剤師の転職はまず「話を聞いてみること」が大切